MCTオイルは医療現場

MCTオイルは、ダイエットをサポートしてくれるオイルとして有名になりました。

ダイエッターや美を求める方に人気のある良質のオイルです。

最近認められるようになったオイルのように思いますが、実は、40年も前から医療現場で活用されてきた歴史あるオイルでもあるようです。

MCTオイルは医療の現場でどのような使われ方をしてきたのでしょうか。

詳しく見ていきたいと思います。

 

未熟児への使用

未熟児

MCTオイルの成分である中鎖脂肪酸は、母乳にも含まれていることをご存知でしょうか。

生まれたての赤ちゃんは、消化、吸収能力が未発達です。

未熟児の場合には、さらに消化、吸収能力が低いとされています。

そこで、消化、吸収が速く、エネルギーになりやすい中鎖脂肪酸が、新生児や未熟児の栄養補給として使われているのです。

 

高齢者への使用

高齢者

年をとると、若い頃のようにたくさん食べることができなくなってきますよね。

高齢者になると、さらに食べる量が減ってしまい、低栄養の状態になる恐れがあります。

そこで期待されているのが、エネルギーになりやすい性質を持つ中鎖脂肪酸です。

高齢者の方の低栄養を防ぐために、中鎖脂肪酸であるMCTオイルが活用されているようです。

 

腎臓病患者への使用

腎臓病患者

腎臓の働きが悪くなる腎臓病。腎臓病患者の食事療法に必要とされるのが、高カロリー、低タンパク質です。

タンパク質の摂取は控えながら、必要な栄養をしっかりと摂取してエネルギー量を確保する必要があるのです。

そこで、良質なオイルで栄養のあるMCTオイルを摂り入れることが効果的とされています。

体に負担をかけることなく、栄養補給ができるようです。

 

てんかん患者への使用

てんかん患者

てんかんの発作を治療するための方法としてケトン食療法というものがあるそうです。

どうしてケトン体がてんかん発作に効果が出るのかについては、解明されていないそうです。

ケトン体を効率よく生成することができるMCTオイルは、てんかん発作をケアすると期待されているようです。

認知症患者への使用

MCTオイルと認知症

最近、ケトン体質が、認知症に効果があるのではないかと言われています。

脳が上手く働かなくなるのが認知症です。

脳のエネルギー源は、ブドウ糖であり、これが上手く使われないと、脳がエネルギー不足の状態になり、認知症の症状を引き起こすようです。

しかし、ブドウ糖に変わり、ケトン体が第2の脳のエネルギーとして働いてくれるのではないかと考えられるようになってきました。

そこで、ケトン体を生成する性質を持つMCTオイルが注目されているのです。

 

以上、MCTオイルが、医療現場でどのように活用されているのかについて見てきました。

MCTオイルは、ダイエットサポート食品として、最近認められるようになってきたように思われていますが、実はずっと昔から、多くの人々を支えてきた食品でもあったのです。

MCTオイルは信頼のできる、安全なオイルであることがおわかりいただけたと思います。
※MCTオイルは医療品ではありません。あくまでも使用例になり、効果効能を示しているものではありません。

 

MCTオイルTOP
厳選MCTオイルサプリメント

MCTオイルはダイエットサポートとして高い効果が期待できます。ですが、毎日の料理の中で取る事は大変な事です。簡易的にとオイルを飲む行為は、下痢や腹痛の恐れも有り、これでは長続きしません。そこで手軽に毎日続けられるMCT含有のサプリメントです。今はMCTの人気は高く試されている方も多いですが、失敗する人のほとんどが継続できないとうい声が多く、サプリメントに切り替える人も急増。ただ、サプリメントも多くあるのが悩みの種、そこで当サイトが値段、質、評判を考慮し、おすすめできるサプリを厳選してみました。興味のある方は是非ご覧ください。