MCTオイルで腹痛

MCTオイルの口コミを見ていると、実に多くの方が効果を実感しているようです。

今までのダイエットにMCTオイルをプラスすることにより、一層効果が出ているようです。

ダイエットアイテムとして新常識になりつつあるMCTオイルですが、気になることがあります。

それは、効果と同時に副作用を感じている方もいるということです。

その中でも多いのが「腹痛」です。

こここでは、MCTオイルによる腹痛について見ていきたいと思います。

 

MCTオイルにより腹痛が起きた方の口コミ

MCTオイルを摂ると、本当に腹痛が起きることがあるのでしょうか。

そこで、実際にMCTオイルを使った方の口コミをご紹介しながら、その原因を考えてみたいと思います。

21女性

・朝昼晩、寝る前にブラックコーヒーに混ぜて飲んでいます。初日を二日目は、胸やけ、吐き気、そして下痢で大変でした。慣れてきたのか、その後は胸やけと吐き気はなくなり、下痢だけは治まっていません。

24女性

・MCTオイルダイエットにチャレンジしようと思い購入してみました。1日目は大さじ1杯で下痢になりました。2日目も量を減らし、3日目には小さじ1杯にしましたが、下痢になりました。

・バターコーヒーのためにMCTオイルを購入しました。毎朝大さじ1杯ずつ使用して1カ月経過しましたが、体重に嬉しい変化がありました。糖質制限はしておらず、朝食をバターコーヒーに変えただけです。しかし、調子に乗って大さじ2杯にしたところ、激しいお腹の痛みと下痢に襲われました。これから試す方は、少量からはじめることをおすすめします。

30女性

・初めてMCTオイルを使ってみました。初日は大さじ1杯以上で下痢になりました。びっくりしてちょこちょこ入れるようにして、お腹の調子が良くなりました。

下痢や腹痛などの副作用が起きた方の口コミを見ていると、共通していることがあります。

それは、初めから大量に摂取しているということです。

 

MCTオイルが腹痛を引き起こす理由は?

医者説明

MCTオイルは、一般的なオイルに比べて、吸収や分解が非常に速いという特徴があります。

これは、脂肪を体に蓄積させないということで、ダイエット効果を高めてくれるメリットでもあるのですが、同時に腹痛を引き起こす理由にもなっているのです。

初めてMCTオイルを摂取すると、体がびっくりして消化不良を起こしていまい、結果的に下痢などの腹痛を引き起こすのです。

また、普段から下痢になりやすい方は、特に、MCTオイルによる下痢が起きやすいようです。

 

MCTオイルによる腹痛への対策は?

MCTオイルの摂取量

MCTオイルを摂った方が必ずしも腹痛になるわけではありません。

実際の口コミからもわかるように、初めから大量のMCTオイルを摂取した場合に、腹痛の危険性が高まるようです。

逆に言えば、きちんとルールを守って摂取すれば、それほど神経質になることはないのです。

MCTオイルの1日の摂取量は30gです。

しかし初めは、体がMCTオイルに慣れていない状態です。体を慣れさせる期間は、1日小さじ1杯にして様子を見るようにしましょう。

また、1日30gとされていますが、これを1度に摂っては良くありません。朝昼晩、寝るまのタイミングの中で、1回の摂取量は小さじ1~2杯にしましょう。

さらに、MCTオイルは直接飲むのも良くありません。

ドリンクに入れたり、料理と一緒に摂取することにより、体への負担を軽減させましょう。

 

以上、MCTオイルと腹痛の関係についてご紹介してきました。
MCTオイルを摂って腹痛が起きる方は実際にいるようです。しかし、その原因は摂取量が多いということが言えるようです。

まずは、MCTオイルの効果の原因についてきちんと理解をした上で、摂取方法や摂取量を守ることが大切ですね。

MCTオイルは、本当に優れたオイルです。一度腹痛になってしまったからと言って諦めることなく、きちんとルールを守って正しく進めてくださいね。

 

MCTオイルTOP
厳選MCTオイルサプリメント

MCTオイルはダイエットサポートとして高い効果が期待できます。ですが、毎日の料理の中で取る事は大変な事です。簡易的にとオイルを飲む行為は、下痢や腹痛の恐れも有り、これでは長続きしません。そこで手軽に毎日続けられるMCT含有のサプリメントです。今はMCTの人気は高く試されている方も多いですが、失敗する人のほとんどが継続できないとうい声が多く、サプリメントに切り替える人も急増。ただ、サプリメントも多くあるのが悩みの種、そこで当サイトが値段、質、評判を考慮し、おすすめできるサプリを厳選してみました。興味のある方は是非ご覧ください。