MCTオイルの危険性

MCTオイルの情報を見ていると、よく出てくるキーワードが「危険」という言葉です。

食品に対して危険というキーワードはちょっと恐いですね。

毎日摂るオイルなので、もし危険があるのであれば心配です。MCTオイルにはどのような危険があるのでしょうか。

詳しく見ていきたいと思います。

 

MCTオイルの危険性とは?

MCTオイルの危険性とは?

MCTオイルが危険とされているのは、体の中に入ってからのことではなく、調理の過程においてのことのようです。

MCTオイルは、発煙点の値が非常に低いという性質があるのです。

発煙点とは、油脂を加熱する際に、煙が発生する温度のことです。一般的な植物油の発煙点は、220℃~230℃なのですが、MCTオイルは大幅に低く150℃以下になっています。

MCTオイルで炒め料理や、揚げ物料理をすると、煙が発生する危険性があるのです。

これは、確かにかなり危険です。

今まで使っていたサラダ油やオリーブオイルをMCTオイルに変えようと考える方もいるようですが、これは危険な間違いと言えますね。

MCTオイルは、加熱調理には、絶対に使ってはいけないのです。

加熱料理には、普段通りのオイルを使って、MCTオイルはそのままの温度で摂取するようにしましょう。MCT

 

オイルの使い方

オイルの使い方

毎日作る食事を考えてみると、ほとんどが過熱した料理ではないでしょうか。

炒め物や揚げ物が食卓に並ばない日の方が少ないと思います。

そこで、加熱調理ができないMCTオイルを毎日の食事の中に摂り入れることは、ちょっと苦労するように思うかもしれません。

しかし、MCTオイルは炒めたり、揚げたりする油としては使えませんが、炒め料理、揚げ料理にトッピングすることは問題ありません。

さらに、MCTオイルは無味無臭なので、料理に加えても味を邪魔することがありません。

色々な味付けの料理に合わせることができてとても便利です。炒め料理などをする際には、炒める時に使う油は極力少なくして、仕上げにMCTオイルをかけるようにすると良いでしょう。

炒め物、パスタ、チャーハンなど、色々な料理にトッピングして試してみてください。

 

以上、MCTオイルについてよく言われている、危険性について見てきました。

体の中に入ることにより、何か危険があるのではないかと心配になりましたが、そうではないようです。

発煙点という値が低いために、加熱料理をすると、煙が発生して危険であるということなのです。

MCTオイルを使う上で、この事は、絶対に頭に入れておかなくてはいけませんね。

しかし、きちんと使用方法を守れば、全く危険はないようです。安心して使うことができますね。

 

MCTオイルTOP
厳選MCTオイルサプリメント

MCTオイルはダイエットサポートとして高い効果が期待できます。ですが、毎日の料理の中で取る事は大変な事です。簡易的にとオイルを飲む行為は、下痢や腹痛の恐れも有り、これでは長続きしません。そこで手軽に毎日続けられるMCT含有のサプリメントです。今はMCTの人気は高く試されている方も多いですが、失敗する人のほとんどが継続できないとうい声が多く、サプリメントに切り替える人も急増。ただ、サプリメントも多くあるのが悩みの種、そこで当サイトが値段、質、評判を考慮し、おすすめできるサプリを厳選してみました。興味のある方は是非ご覧ください。