MCTオイルの使い方

MCTオイルはダイエットをサポートしてくれたり、健康面のケアしてくれたり、色々な効果が期待されている良質なオイルです。

ぜひ、毎日の食事に摂り入れていきたいですね。

しかし、オイルなので、摂り入れるのが少し難しいと躊躇してしまう方もいるようです。

ここでは、毎日楽しく美味しくMCTオイルを使うためのレシピをご紹介したいと思います。

 

ドリンクに入れる

豆乳に入れて飲む

ドリンクに入れるが一番人気で定番の使い方のようです。

コーヒー、豆乳、ミルク、野菜ジュース、野菜スムージーなどが人気です。

ドリンクにMCTオイルを混ぜるだけで出来上がります。ドリンク1杯に対してMCTオイル小さじ1~2を入れると良いでしょう。

忙しい朝にはドリンクが気軽にできて良いですね。

 

汁物に入れる

汁物に入れる

味噌汁やスープに入れるのもおすすめです。

味噌汁にオイルは意外な組み合わせに思いますが、MCTオイルは無味無臭なので、味噌汁の味を邪魔することなく食べられるようです。

毎朝味噌汁と食べる習慣のある方には気軽で良いですね。

シチューや煮込み料理に、最後にかけて食べるのもおすすめです。

 

ドレッシングに入れる

ドレッシング

色々なドレッシングに入れるのも良いです。ドレッシング大さじ1に対してMCTオイル小さじ1くらい入れるのが目安量です。

和風ドレッシング、シーザードレッシング、ごまドレッシングなど、色々な種類のドレッシングに混ぜることにより、飽きることなくMCTオイルを摂取できますね。

サラダや温野菜にかけて摂取します。また、マリネに活用することもできます。

オリーブオイルでマリネ液を作る代わりに、MCTオイルを使いましょう。

 

自家製MCTオイルマヨネーズを作る

自家製MCTオイルマヨネーズ

MCTオイルレシピの中で、人気なのが、自家製マヨネーズです。

マヨネーズを一から作るなんで、難しそうと思う方が多いと思いますが、意外と簡単なんです。

卵黄2個、オリーブオイル100g、MCTオイル80g、酢3g、塩少々を使います。

卵黄を混ぜて、オリーブオイル、MVTオイル、酢の順番に加えて混ぜていきます。

最後に味を整えたら完成です。簡単なレシピですね。ぜひ、マヨネーズ作りに挑戦してみてください。

加熱料理には使ってはいけません

加熱料理には使ってはいけません

MCTオイルを使う上で、一番注意をしなくてはいけないことが、加熱料理には使えないということです。その理由は、油を加熱した時に煙が出る温度である発煙点が、他の一般的な油と比べて低いからです。

炒め物や揚げ物用の油に使ってしまうと煙が出てきてしまうのです。これはとても危険なので、絶対に注意してください。

しかし、炒め物や揚げ物用の油として使うことがNGですが、出来上がった炒め物や揚げ物にかけることは大丈夫です。

野菜炒めなどを作る際には、油はごく少量使うようにして、最後にMCTオイルをトッピングすると、油のべたべたさが抑えられてちょうど良いようです。

単純に、普段使っているオイルの代わりにMCTオイルを使おうとする方もいるようですが、加熱ができないという点で、代用にはならないということを覚えておいてくださいね。

 

以上、MCTオイルの使い方をご紹介してきました。
MCTオイル、そしてダイエットは、続けることにこそ意味があります。

効果的に長期的に続けるためにも。色々なアレンジ料理にして楽しみながら続けたいですね。

また、普段の食事量にMCTオイルをプラスするだけでは、ダイエット効果が期待できません。

しっかりと食事制限をしてはじめて、MCTオイルが効果的にダイエットをサポートしてくれるのです

 

MCTオイルTOP
厳選MCTオイルサプリメント

MCTオイルはダイエットサポートとして高い効果が期待できます。ですが、毎日の料理の中で取る事は大変な事です。簡易的にとオイルを飲む行為は、下痢や腹痛の恐れも有り、これでは長続きしません。そこで手軽に毎日続けられるMCT含有のサプリメントです。今はMCTの人気は高く試されている方も多いですが、失敗する人のほとんどが継続できないとうい声が多く、サプリメントに切り替える人も急増。ただ、サプリメントも多くあるのが悩みの種、そこで当サイトが値段、質、評判を考慮し、おすすめできるサプリを厳選してみました。興味のある方は是非ご覧ください。