MCTオイルの摂取量

オイルブームが続く中で、今MCTオイルが今大注目のオイルになっています。

TV番組のダイエット企画でその効果の高さが紹介されてから、一気にブームになりました。

その影響で、MCTオイルは体に良いということはわかっていても、きちんと効果を理解していなかったり、間違った方法で使っているという方もいるようです。

MCTオイルは確かに優れたオイルではありますが、摂取の仕方を間違うと逆効果になることもあります。

ここでは、MCTオイルの摂取量についてご紹介したいと思います。

 

MCTオイルの摂取量

オイルの摂取量

 

1日のMCTオイルの摂取量は、30gが理想的です。

1食につき摂取する量は、小さじ2(小さじ1は約4.6g)として、朝昼晩、寝る前の中のタイミングで摂取するようにしましょう。

小さじ1(4.6g)のMCTオイルのカロリーは約40kcalです。

 

はじめは、MCTオイルを体に慣れさせる

飲み方

MCTオイルは、オリーブオイルなどの一般的なオイルよりも消化吸収が速いので、たくさんのMCTオイルを摂取すると、体が消化に追いつかない状態になってしまい、下痢や腹痛を引き起こしてしまう場合があります。

どんな食べものにも言えることですが、体に良いものだからと言って、摂りすぎはいけないようです。

MCTオイルを初めて摂取する場合には、少量から始めてみて、ゆっくり少しずつ体にMCTオイルを慣れさせていくと良いでしょう。1食につき、MCTオイル小さじ1くらいから摂取するようにしましょう。

また、MCTオイルを摂取していく中で、もし下痢は腹痛が起きてしまった時には、MCTオイルの摂取量を一旦少なくしてみて様子を見ると良いですね。

徐々に体が慣れてきて、下痢や腹痛などが起きなくなってくるようです。

 

おすすすめレシピのMCTオイル摂取量

コーヒーに入れて飲む

ダイエットをサポートするために、MCTオイルは長く続けることが重要です。毎日同じレシピに入れるだけでは飽きてしまいますよね。

そこで、長続きさせるために、色々なレシピに活用しながら、楽しく摂り入れていきましょう。

定番のメニューと、MCTオイル摂取量を見てみましょう。

 

  • コーヒーに入れる

コーヒー1杯+グラスフェッドバター大さじ1+MCTオイル小さじ2

 

  • 豆乳に入れる

豆乳60ml+MCTオイル小さじ2

 

  • ドレッシングに入れる

ドレッシング大さじ1+MCTオイル小さじ1

 

  • 味噌汁やスープに入れる

味噌汁1杯+MCTオイル小さじ1
スープ1杯+MCTオイル小さじ1

 

以上、MCTオイルの摂取量についてまとめてみました。

MCTオイルは、ブームになって日が浅いので、使い方や摂取量などを詳しく知らないという方も多いようです。

分量などを考えずに、なんとなく食事にかけて食べているという方も多いようです。

しかし、より効果を求めるのであれば、きちんと摂取量を測って摂ることが大切ですね。

また、MCTオイルをただ摂取しただけでは、ダイエット効果は期待できません。

しっかりと糖質制限ダイエットなどの食事制限をした上で、MCTオイルをプラスすることを心掛けましょう。

 

MCTオイルTOP
厳選MCTオイルサプリメント

MCTオイルはダイエットサポートとして高い効果が期待できます。ですが、毎日の料理の中で取る事は大変な事です。簡易的にとオイルを飲む行為は、下痢や腹痛の恐れも有り、これでは長続きしません。そこで手軽に毎日続けられるMCT含有のサプリメントです。今はMCTの人気は高く試されている方も多いですが、失敗する人のほとんどが継続できないとうい声が多く、サプリメントに切り替える人も急増。ただ、サプリメントも多くあるのが悩みの種、そこで当サイトが値段、質、評判を考慮し、おすすめできるサプリを厳選してみました。興味のある方は是非ご覧ください。