MCTオイルと認知症

MCTオイルは、ダイエットをサポートしてくれる優れた力があるということで、今注目を集めています。

エネルギーを効果的に燃焼してくれること、脂肪を蓄積しにくくしてくれることが、ダイエットを効果的にサポートしてくれるのです。

しかし、MCTオイルには、もう1つ注目されている効果があるようです。

それは、認知症に対して良い作用があるということです。

これはどういうことなのでしょうか。

 

認知症とは

認知症とは

年をとるにつれて、様々な老化現象が出てくることは避けられないことです。

筋力低下や視力、聴覚の低下、お肌の質も変化してきます。

その老化現象の1つに記憶力の低下があります。物忘れに悩まされている方は多いと思います。

この物忘れは、加齢によるものと、認知症によるものとがあるのです。

高齢化が進む中で、認知症という言葉を聞く機会は増えていると思います。

厚生労働省がg2015年に発表した認知症に対する内容によると、2012年時点の認知症患者数は、約462万人で、高齢者の7人に1人は認知症というのです。

そして、2025年には高齢者の5人に1人は認知症になるとされているそうです。

高齢化社会の中で、認知症は誰にでも起こり得る身近な病気となっていくことは間違いないようです。

 

MCTが記憶力低下を抑制してくれると期待されている

MCTが記憶力低下を抑制

脳が様々な原因により、上手く働くなることにより、色々な障害が起こったり、生活に支障が出てくる状態が認知症です。

残念ながら、現時点で認知症を治すための薬はないと言われています。

記憶力低下の進行を遅らせていくことが大切とされています。

そんな認知症に対して、中鎖脂肪酸であるMCTオイルが良い効果を及ぼすと考えられているのです。

これはどのような理由なのでしょうか。

 

脳とブドウ糖の関係

脳とブドウ糖の関係

人間の身体は、炭水化物、タンパク質、脂質をエネルギー源としています。

しかし、脳は、ブドウ糖だけをエネルギー源にしているとされています。

夜中の勉強や仕事など、集中できない時に、甘いものを食べると頭がすっきりして集中できることがありますよね。

これは、ブドウ糖がエネルギーになっているからなのですね。

加齢などが原因で、このブドウ糖を上手く使えなくなくなると、脳がエネルギー不足になり、記憶力低下を引き起こすようです。

しかし、最近になりケトン体がブドウ糖に変わり、脳のエネルギーになるのではないかと言われるようになってきました。

 

MCTオイルの認知症への効果

MCTオイルの認知症

ケトン体は、ブドウ糖が不足した状態において肝臓で生成されるのですが、中鎖脂肪酸を摂取すると、糖質がある状態でも効率的にケトン体を生成することができるのです。

これが、中鎖脂肪酸100%のMCTオイルが認知症に効果的ではないかと言われている理由なのです。

MCTオイルを摂ることにより、ブドウ糖がうまく使われていなくても、代わりとなるケトン体が脳のエネルギーと上手く働いてくれると期待されています。

 

以上、MCTオイルが認知症との関係について見てきました。

認知症は、本人のとっても家族にとっても、非常に大変な病気です。

しかも、明確な治療方法があるわけではないので、さらに辛いものです。

もし、MCTオイルが認知症をサポートしてくれるのであれば、本当に嬉しいことです。

高齢化が進む中で、認知症問題はどんどん大きくなっていくはずです。

只、MCTオイルが認知症に効くとは断言できなく、噂程度の事なのでMCTオイルに頼らず、しっかりとした医療の治療に励む事をおすすめします。

 

MCTオイルTOP
厳選MCTオイルサプリメント

MCTオイルはダイエットサポートとして高い効果が期待できます。ですが、毎日の料理の中で取る事は大変な事です。簡易的にとオイルを飲む行為は、下痢や腹痛の恐れも有り、これでは長続きしません。そこで手軽に毎日続けられるMCT含有のサプリメントです。今はMCTの人気は高く試されている方も多いですが、失敗する人のほとんどが継続できないとうい声が多く、サプリメントに切り替える人も急増。ただ、サプリメントも多くあるのが悩みの種、そこで当サイトが値段、質、評判を考慮し、おすすめできるサプリを厳選してみました。興味のある方は是非ご覧ください。