ココナッツオイルとの違い

少し前に、外国のファッションモデルの方が愛用しているということで大ブームとなった、ココナッツオイルをご存知でしょうか。

彼女のような健康で魅力的な体を目指したいという女性の間で、大流行しました。

しかし、今はさらにパワーアップしたMCTオイルが新常識になりつつあります。

それでは、ココナッツオイルとMCTオイルには、実際どのような違いがあるのでしょうか。

 

MCTオイルとココナッツオイルの違い

MCTオイルとココナッツオイルの違い

MCTオイルとココナッツオイルの最大の違いは、中鎖脂肪酸の含有量です。

中鎖脂肪酸は、エネルギーになりやすく、脂肪を蓄積しにくくしてくれるなど、軽やかな体作りを力強くサポートしてくれます。

MCTオイルは、この中鎖脂肪酸100%が含まれているオイルです。

一方、ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸は60%なのです。

そして、残りの40%は長鎖脂肪酸です。

長鎖脂肪酸は、中鎖脂肪酸とは違い、ゆっくりと吸収されて、ゆっくりとエネルギーになるので、蓄積されやすいという特徴があります。

ダイエットをサポートしてくれるという面では、中鎖脂肪酸の方が優れているのです。

そして、その中鎖脂肪酸を100%含んでいるMCTオイルの方がより効果的というわけです。

 

MCTオイルとココナッツオイルの効果の違い

MCTオイルとココナッツオイルの効果の違い

ダイエットをサポートしてくれるという観点から比較すると、中鎖脂肪酸を100%含んでいるMCTオイルの方が、中鎖脂肪酸を60%含んでいるココナッツオイルよりも、より効果的ということがおわかりいただけたと思います。

しかし、ココナッツオイルがMCTオイルよりも劣っているというわけではありません。

MCTオイルには、カプリル酸が多く含まれています。

これは脂肪燃焼という面では効果的な成分です。

一方、ココナッツオイルには、ラウリン酸という成分が多く含まれています。

これは抗菌作用や免疫力アップを導く効果、美容効果などが期待される成分です。

母乳にも含まれる成分として聞いたことがあるという方もいると思います。

このように、ココナッツオイルには、軽やかな体作りをサポートする一方で、健康面もケアしてくれるという利点もあるようです。

 

MCTオイルとココナッツオイルの味の違い

MCTオイルとココナッツオイルの味の違い

ココナッツオイルの特徴として、独特な甘い味わいがあります。

この味わいがお好きな方にとっては、ココナッツオイルを料理にプラスすることにより、より美味しく食べられると思います。

アジアン料理の場合には、ココナッツオイルを加えることにより、ワンランクアップした味わいが楽しめるようです。

しかし、苦手な方にとっては、ココナッツオイルと使うと、どんな料理もココナッツ風味になってしまい飽きてしまうという不満の声もあるようです。

MCTオイルは、無味無臭なので、そのような風味を気にすることなく料理に使うことができるようです。

味の好みについては、個人差があると思いますので、ぜひご自分に合った味を選んでみてください。

 

MCTオイルとココナッツオイルの調理方法の違い

MCTオイルとココナッツオイルの調理方法の違い

MCTオイルは、低温で煙が発生してしまう性質があります。

これにより、料理に加える場合には、熱を加えずにそのまま使うようになります。

炒め物や揚げ物に使うことはできません。

ココナッツオイルは、そのような心配はないので、より多くの活用レシピがあるようです。

 

以上、良質なオイルとして注目されている、ココナッツオイルとMCTオイルについて見てきました。

ダイエットをサポートしてくれるという面で、MCTオイルの方が確実に優位のようです。

しかし、ココナッツオイルの風味が好きな方は、健康面のケアを重視したい方には、ココナッツオイルも効果的なオイルのようです。

色々なオイルをバランス良く摂り入れていきたいですね。

 

MCTオイルTOP
厳選MCTオイルサプリメント

MCTオイルはダイエットサポートとして高い効果が期待できます。ですが、毎日の料理の中で取る事は大変な事です。簡易的にとオイルを飲む行為は、下痢や腹痛の恐れも有り、これでは長続きしません。そこで手軽に毎日続けられるMCT含有のサプリメントです。今はMCTの人気は高く試されている方も多いですが、失敗する人のほとんどが継続できないとうい声が多く、サプリメントに切り替える人も急増。ただ、サプリメントも多くあるのが悩みの種、そこで当サイトが値段、質、評判を考慮し、おすすめできるサプリを厳選してみました。興味のある方は是非ご覧ください。